誰も傷つけない!双極性障害者におすすめの仕事5選

2020年11月29日

双極性障害を抱えている方は、仕事や家庭で相手を傷つけるようなことを言ってしまう傾向にあります。その結果社会的な信用を失い、精神的に苦しい状態が繰り返し襲ってきます。双極性障害は安定した定職に就くことは難しいといわれています。しかし、2008年にランサーズがリリースされ、2010年にはクラウドワークスがサービス開始しました。クラウドソーシングでは様々な仕事が依頼されるので、双極性障害でもできる仕事はたくさん登録されています。そこで今回は双極性障害の方でも安心して作業できる、クラウドソーシングの中でもおすすめの作業を紹介します。

双極性障害の種類と特徴

双極性障害は1000人に3~4人程度の割合で発症しているというデータがあります。うつ病は100人に1人といわれており、双極性障害者の数はかなり少ないとされています。しかし世界規模でみると100人に1人の割合で発症する病気のようです。この双極性障害の特徴をおさらいしてみましょう。

双極性障害チェックリスト

双極性障害の特徴をまとめました。5個以上あてはまる方は要注意です。

  • アイディアがたくさん湧いてくる
  • 大きな買い物してしまう
  • 寝なくても元気
  • 相手が傷つくことをいう
  • おしゃべり
  • 気が散る
  • 元気が体中にみなぎる瞬間がある
  • 自分はなんでもできると思う
  • 感情的に起こることがある

双極性障害は病院に行かなければ、自覚することが難しい病気の1つです。双極性障害Ⅰ型とⅡ型があり、Ⅰ型のほうが症状は重いとされています。

双極性障害者におすすめのクラウドソーシング案件

クラウドソーシングサービスの仕事の中には双極性障害者に向いている仕事がたくさん登録されています。双極性障害者はどのような作業が向いているのでしょうか。

その1!データ入力

双極性障害は1人で黙々と作業できる仕事が向いています。人とかかわることがない、クラウドソーシングのデータ入力業務は双極性障害者でもボリュームをこなせば稼ぐことはできます。お客様との打ち合わせもできるだけメールやチャットで完結する仕事をチェックしておくとよいでしょう。

その2!ライティング

クラウドソーシングでは記事を書く仕事がたくさん登録されています。文章が苦手な人でもマニュアルがあり、データ入力感覚で作業できる案件を探して積極的に応募してみるとよいしょう。1文字1円がライティングで稼げる目安となっているようですが、タイピングやリサーチの方法を簡略化しておけば、1円以下のライティング案件でも高い報酬を獲得することが可能です。タイピングの速度に自信がある人はライティングがおすすめです。

その3!サイトの更新作業

募集としては少ないですが、データ入力やライティングを真面目に作業すると、サイトの更新作業などを依頼されることがあります。簡単な文章をワードプレスにいれていき、更新をするだけです。ワードプレスもお客様が作ったものがあるので、ダッシュボードの画面を操作できれば問題ありません。

その4!文字起こし

文字起こしは初心者でも時間さえ確保すれば、自分のペースでゆっくりと作業できます。お客様との接点も少ないので、クラウドソーシングを初めて利用する方は文字起こしから入ってもよいかもしれません。

その5!アンケート

アンケートに答えることで報酬を得ることができます。単価は少ないですが、お客様との接点はゼロなので、安心して作業に取り組めることができます。パソコンスキルも必要ありません。

まとめ!自分のペースで作業できる案件を見つけよう

自分のペースで作業できる仕事を探すとよいでしょう。双極性障害は人を傷つける危険性が高いので、できるだけお客様との接点が少ない仕事を探して、作業の量を増やすことをお勧めします。クラウドソーシングではパソコンスキルがなくても報酬がもらえる案件が眠っていますので、精神的に落ち着いた状態の時に自分に合った仕事を探して提案してみましょう。