精神障害者がクラウドソーシングで失敗しないための連絡ツール3選!

精神障害者がクラウドソーシングで負担を感じる要因の1つにクライアントとのコミュニケーションが挙げられます。精神障害者がフリーランスで活躍するには自分の精神状態が安定するコミュニケーション方法を確立する必要があります。2007年1月9日に初代iPhoneが発売されてから、アプリ開発が進み、便利な連絡ツールが次々とリリースされてきました。そこで今回は、精神障害者がクラウドソーシングで負担を抑えながらクライアントとコミュニケーションが取れるおすすめの連絡ツールを紹介します。

シンプルな連絡ツールを使う!

精神障害の内容にもよりますが、シンプルな連絡ツールを使用することをお勧めします。クラウドソーシングのチャット機能でけで、仕事のやり取りを済ませている方も大勢います。密に連絡を取る必要がある仕事の場合は、どのようなツールを使用すればよいのでしょうか。

1体1のやり取りは「チャットワーク」

クラウドソーシングで仕事をする際は基本的にお客様と1対1でお話をすることが多いです。ライティング案件ではチャットワークでの連絡を求められる場合があります。

初心者向けのライティング案件では、ワードファイルで納品して、クライアントのほうでワードプレス入稿を行うという流れが多いです。

シンプルで使いやすいおすすめの連絡ツールです。

信頼関係が構築できている人はラインワークス

初めてのクライアントに顔文字を使ってしまって、お叱りを受けることがあります。顔文字やスタンプを使用してはいけないわけではありません。

少なくとも半年以上継続して仕事をしている間柄で、信頼関係が構築できているなら、スタンプ1つで仕事の連絡が済むこともあります。

ラインワークスは最初から品の良いスタンプが利用できるので、クラウドソーシングにも役立つおすすめの連絡ツールの1つです。

チームで作業するならスラック

チームで作業する場合はスラックがおすすめです。最近はクラウドソーシングで仕事を依頼する際も、スラックの利用を求められることがあります。そのグループ内で割り振った作業を行うことができます。

今スラックで仕事やコミュニティを運用するケースが増えてきています。チームで作業するならスラックが一押しです。

部屋にカギをつけて、他人からは見れなくすることができますので、メンバー間のトラブルを防ぐことも可能です。

自分に適したシンプルなツールを選ぶようにする!

スタンプ機能がたくさんあると、使いたくなりますが、直接お客様とお話する際は、なるべく表現方法が限られている、シンプルな連絡ツールを使用することでトラブルが減少します。相手に伝わる文章力を身に着けることが大事です。