新しい靴を買うだけ!?双極性障害の成功継続方程式!

2020年11月24日

自分を変えたいと思う双極性障害の方は、新しい靴を購入することをおすすめします。重度の双極性障害の私ですが、いろいろな人に支えながらもなんとか面白おかしく毎日を楽しんでいます。毎日が楽しくなれる自分になれたきっかけが、靴を買うことでした。私が一番最初にお世話になった支援員さんから「新しい靴を買ってください。」と言われました。仕事もなく社会からの強い疎外感を抱いて私からすると意味不明なアドバイスでした。しかし靴を買うことで、今の自分があります。そこで今回は靴を買うことで得られるベネフィットと、双極性障害の方にお勧めの運動方法を紹介します。

靴を買うという行動に意味がある!

新品の靴を買うという行動がすべての出発点となっていると思いました。これほど簡単に買われる行動はないと今では思っています。靴を買うとどんな良いことがあるのでしょうか。

散歩で小さなトライアンドエラーを繰り返す!

健康な人ほど散歩の対して数多くの意味を与えています。精神障害者の私は支援員さんの言ったとおりに新品の靴を購入しました。靴屋さんに行って適当に散歩用の靴を選びました。その夜は少しだけ明日の朝が待ち遠しくなりました。本当に少しだけでしたが。

次の日から新しい靴で毎日散歩するようになりました。2キロほど歩いただけで汗が滴りおち、足にはマメができました。近所のおばあちゃんにも体力的に圧倒的に劣っていたという事実と、「靴選び失敗したな!」と感じました。次の靴選びはきちんとリサーチをして、自分の足にフィットするかどうか確認しようと心に決めました。

靴を購入して散歩を継続することで、失敗と成功をたくさん体験することができます。頑張っている自分に自信が持てるようになりました。

散歩は双極性障害を抱えていても継続可能な行動の1つ

言い忘れましたが「少し良い靴を買おう」と助言をいただきました。思い出してください。先天的に身体や精神に障害がある人は自分の足で毎日歩くという行動は難しいかもしれません。しかし、後天的に精神障害を抱えた方は、小学校の時毎日散歩を継続していた実績がすでにあります。

私は知り合いのおばあちゃんをライバルとして心に火をつけて毎日散歩を継続しました。今でも散歩は習慣として続けています(たまにさぼりますけど・・・^^)。

子供のころに継続していたことをチェックしてみましょう!

子供のころに身に着けた習慣は、成人しても継続しやすいといわれています。散歩以外にも子供のころに継続していたことはたくさんあると思います。皆さん子供の時どのような習慣を身に着けていましたか。毎日勉強していた人は、大人になっても継続して勉強することができます。子供のころの悪い習慣は社会人になってから省いていけば問題ありません。子供のころの良い習慣をメモにして書き出すとよいでしょう。

  • 通学(散歩)
  • 朝食
  • 勉強
  • 挨拶
  • お風呂etc

双極性障害は当たり前の生活習慣ができなくなります。子供のころに規則正しい生活を送っていた人は、訓練を行えば、健康的で生き生きした生活を送ることができるでしょう。散歩で訓練し。少しずつ規則正しい生活を取り戻すことができました。

まとめ!靴を買うことで行動する意味を知れた

些細な行動が、学びとなり自信をつけることができました。毎日楽しく過ごしたいという方は新しい靴を買うことをおすすめします。トライアンドエラーを楽しめるようになれれば、いつしか理想的な自分に生まれ変わっているかもしれませんね。