朝シャンだけでOK!精神障害者が在宅ワークで収益を上げる行動原則

2020年11月29日

精神障害者もモーニングルーティンを工夫することで、クラウドソーシングの収益を上がることができます。1日の始まりである朝に脳のスイッチを仕事モードに切り替えることができれば、理想的ですよね。朝方は夜型の人に比べて6倍も生産性が高いというデータもあるようです。特に昼夜逆転の生活を送っている、精神障害者は朝方の生活をするだけで、仕事と一緒に病気も快復する傾向にあります。そこで今回はクラウドソーシングで活動している精神障害者のための収益を上げる行動原則を紹介します。

ステップ1!朝シャンだけ3週間頑張る

生活習慣が身につくまで最低「3週間」必要というのが定説になっています。1日だけ生活のリズムを変えても、身につかないことがほとんどだということです。

精神障害はそれぞれですが、症状が比較的安定している人は、頑張って朝シャンする習慣を身に着けるとよいでしょう。仕事や家事も脳がリフレッシュしなければ、生産性は上がりません。朝シャンは気分をシャキッと維持でき、集中力が高まります。

掃除や仕事はいったん忘れて、朝シャワーに入るという行動を3週間頑張って続けるとよいでしょう。

ステップ2!散歩と朝食

朝シャンが身に付いたら、次は散歩と朝食をセットで習得しましょう。シャワーに入る習慣が身に付いたら次は散歩する癖をつけましょう。朝散歩することで脳に血流が巡り、頭の回転が速くなり、クラウドソーシングの作業効率も向上してきます。朝食はバランスの食事を軽めに済ませるとよいでしょう。

精神障害と継続についてさらに詳しくはこちらから

ステップ3!24時間以内にメールを返信

朝シャンして散歩と朝食の習慣が身に付いたら、仕上げに朝メールをチェックする習慣を身につけましょう。クラウドソーシングでは、24時間以内に返信することが高評価につながります。朝方の脳に変身していれば、お客様とのメールのやり取りや、文章の読解力も向上します。

精神障害とクラウドソーシングについて詳しくはこちらから

まとめ!朝方人間になれば収益と健康が手に入る

夜型の生活を送ってうつ病になる方は大勢います。少しづつでよいので、朝方の生活リズムに戻すことが重要です。朝方人間になれば、生産性も向上し、クラウドソーシングの報酬も上がる可能性が高まります。早起きは3文の得というますが、ITが進んだ現代でも朝方人間が成功しているパターンが多いです。3週間がんばって朝にやることを1つでも継続することをおすすめします。