未熟でもプロとして応募!?仕事を依頼したくなる提案文の特徴

プロとして自信をもって提案するようにしましょう。クラウドソーシングは会社で抱えきれない仕事を外部に発注するサービスと認識してよいでしょう。依頼する側は、精神障害を抱えていようが、作業を確実に完了してくれる人に依頼を出したいと思っています。精神障害者だという甘えで、仕事を受注することはとても危険だということです。健常者の方でも提案文がなかなか通らない人が大勢います。そこで今回は、仕事を依頼したくなる提案文の特徴を紹介します。どうすれば、魅力的な提案文を作成することができるのでしょうか。

プロとして提案する!逆視で考える

当たり前ですが仕事をしてお金をいただくことはプロとして作業するということです。趣味や遊び感覚で仕事をするわけではありません。突出したスキルがない方でも、提案がバンバン通る人はいます。クラウドソーシングで活躍している人は逆視で物事を考えていいます。逆視とはどのような考えなのでしょうか。

相手の立場に立って考える!

これにつきます。逆視とは相手の立場になって、物事を判断する考え方です。逆視が身に付けば、日常生活のコミュニケーションも円滑になり、精神的な負荷も減ります。自分がお金を儲けたいという欲望はいったん棚の上に置いてきましょう。

欲望がなくなった状態で、お客様の願望を考えてみます。女性メディアのファッション系記事の依頼があったとします。募集要項には年齢性別不問となっていますが、お客様の運営しているメディアが女子中高生向けのメディアであった場合、どのような方に記事を書いてほしいでしょうか。

女子中高生の子供がいる女性ライターと、金融関係を得意ジャンルとしている男性ライター、どちらに依頼するでしょうか?おそらく前者に依頼する確率が高いと思いませんか。他の職種でも同様に、お客様のサイト・メディアを研究するとよいでしょう。

★精神障害者とクラウドソーシングについて詳しくはこちらから★

提案を絞れば受注後の仕事も楽しく!精神障害でも安心

やたら滅多に提案すればよいというわけではありません。得意とするジャンルや、ライフスタイル、性別、職種などが、運営するメディアに適している人に依頼しますよね。

相手の立場に立って、運営しているメディアをしっかりとリサーチしてから、提案すると、無駄な提案をせず、仕事が受注した後も楽しく仕事を継続できます。

興味がない仕事を無理に継続すると、精神的な負荷も徐々に大きくなってきます。

魅力的な提案文の特徴!

楽しく仕事をするにはお客様の立場に立って、提案文を作成する必要がありますね。そこで、以下に魅力的な提案文の特徴を示します。

  1. 意思表明
  2. 実績
  3. 連絡できる時間帯
  4. 試用している連絡ツール

意思表明

お客様は最初に仕事を依頼する人に対して求めていることは「最後まで仕事をやりきること」です。途中で投げ出されてしまうと、会社の大事なプロジェクトが止まってしまう事態に落ちる場合もあり得ますよね。

「今日は面倒だから明日作業すればいいか!」という考えで作業すると、受注できたとしても良好な信頼関係を構築することはできませんよね。

そこで「最後まで責任を持って作業することをお約束します!」と一言入れると、安心感が生まれます。

実績

ポートフォリオがない人は、ブログでもよいので、提示できるものを準備することをお勧めします。提案する際に過去の実績を求められることがあります。ポートフォリオがまとまっていると、お客様もスキルの確認ができ、仕事の依頼につながる可能性があるので、これから仕事を始める方はポートフォリオを作成することをおすすめします。無料で作れるポートフォリオのサービスを利用してもよいでしょう。

連絡できる時間帯

連絡できる時間帯を提示しておくと「この人はコミュニケーションを大事にしてくれるんだな!」と心象がよくなります。ランサーズの場合、24時間以内の返信率と、仕事の完了率を指標としているので、体調が悪くなったときは24時間以内に「すみません○○日に調整できませんか?」と返信するように心がけるようにしましょう。

実績がない人は提案文に連絡できる時間帯を明記しておくとよいでしょう。

連絡ツール

お客様から指定があるので、対応可能かどうかを提案文に明記しましょう。ツールのバリエーションが多ければ、仕事の幅も生まれます。スラックが流行っていますが、ほかの連絡ツールを使えたことに越したことはありません。スラック以外に、チャットワークになれておくとよいです。チャットワークはシンプルなデザインで、1対1で作業を進める際に活躍してくれます。

★クラウドソーシングと連絡ツールについて詳しくはこちらから★

まとめ!逆視で提案を絞る

どのような仕事でもお客様の立場に立って、プロとして作業をすることを心がけるようにしましょう。そのためには、依頼概要をしっかりと確認して、お客様の願望を理解する必要があります。精神障害を抱えている人は、提案する前に作業内容を楽しめるか、お客様の求める成果物提出できるか、逆視で考えてみることをおすすめします。