精神障害者がクラウドソーシングで顧客を獲得する3つの法則!

精神障害者だけではなく健常者もクラウドソーシングを上手に活用して安全に報酬を得たいですよね。クラウドソーシングの仕事の多くは顔の見えない相手と仕事をする必要があり、リアルでのコミュニケーションが通用しないことが多いです。そこで今回は、精神障碍者がクラウドソーシングで安定した顧客を獲得するため方法を紹介します。精神障害を抱えている僕たちはネットでどのようにお客様との信頼関係を構築すればよいのでしょうか。

簡単な作業を確実に!お客様の信頼=継続案件

難しい作業を提案するのではなく、確実に納品が可能な案件に絞って応募するようにしましょう。お客様の問題解決が仕事ですが、継続的にお客様の問題を解決するには信頼を得る必要があります。クラウドソーシングでお客様との信頼関係を築く際の要点を抑えておきましょう。

法則1提案が通らなくても挨拶は必ず入れる

クラウドソーシングを利用する場合、いろいろなお客様の案件に応募します。実績がない場合は10件応募して1件採用してもらえれるかどうかです。ここで注意をしてほしいのが、不採用の場合でも必ず挨拶を入れるということです。あともう少しで採用してくれたかもしれないお客様が潜んでいます。

リアルの営業では、お仕事がもらえなくても「お話を聴いてくださいありがとうございました!」と一言挨拶を入れますよね。クラウドソーシングでも同じく提案が通らなかったとしても、礼儀として挨拶を入れるとほかの応募者よりも好印象を持ってくれます。

法則2ミーティングがある案件に応募する

お客様との関係性を構築するにはリアルでミーティングがある案件がおすすめです。クラウドソーシングは在宅で完結する作業と認識している人がいますが、リアルでお客様の会社に出向いてお仕事をすることも可能です。精神障害を抱えている人でも月1回程度ミーティングできるように、体調を整えておくようにしましょう。

ミーティングでは会話に混ざらなくとも話を聴く姿勢を見せることが大事です。

法則3お客様が朝一メールを確認できるようにする!

在宅ワークでは会話の反応が命といっても過言ではありません。クラウドソーシングサービスのランサーズでは24時間以内の返信率を評価項目に入れています。しかし、精神障害で体調を崩しているときは、日中の返信が難しい場合もあります。相手が個人ではなく企業の場合、朝一でメールを確認することが多いので、日中体調が悪い人は就寝前に作業の進捗や、完了報告をいれておくと、お客様も安心して、仕事を継続依頼していただく確率が上がります。

まとめ!信頼を勝ち取ることがゴール

クラウドソーシングを利用している大勢の方が特殊なスキルを持って仕事をしているわけではありません。簡単な作業でも確実に作業をこなし、お客様の信頼を勝ち取ることが重要です。信頼が報酬の額に響いてきます。難しい作業にチャレンジして作業を途中で投げ出すよりも、今自分ができる確実な作業を探して、お客様との信頼関係の構築に時間を割くことをおすすめします。