1日で在宅ワークを軌道に乗せる!夢の作業デスク作り3の奥義!

作業デスクにはメモ帳を置くとよいでしょう。「集中力が維持できないからカフェで作業しよう!」という話をよく聞きますが、作業デスクをカフェみたいにすれば問題解決すると思いませんか。新型コロナウィルスの影響で、カフェで作業するのも難しい時代になってきました。自宅で作業に集中して作業できる環境を作るスキルが在宅ワークに求められます。そこで今回は、最短ルートで収入が得られる、打ち出の小槌のような作業デスクの構築方法を紹介したいと思います。精神障害者でも作業デスクを変えることで、収入は得られることはできるのでしょうか。

5Sを徹底的に!事前準備として整理整頓を徹底する!

集中できる作業用デスクを作るためには、整理整頓を徹底する必要があります。作業用デスクに不必要なものを置く場所を作らなければなりません。収納スペースを確保するにはカラーボックスがおすすめです。さらに、なるべく誘惑に負けないように、コピー用紙や布で、収納したものが見えないように隠すようにすると集中力アップにつながります。

「5S」という活動があります。

  1. 整理
  2. 整頓
  3. 清掃
  4. 清潔
  5. 躾け

作業デスクを作るにあたり、整理・整頓の順番に優先度が高くなります。整理整頓とは「不要なものを捨てて、必要な物を使いやすくする作業」と考えてよいでしょう。作業用デスクも不必要なものを捨てて、本当に必要な物を使いやすいように配置をしてあげればよいです。何が必要な物をどのように配置すればよいのでしょうか。

ポイント1!パソコンの前に何も置かない貼らない

パソコンの前に好きなアニメや漫画のポスターなどを貼らないようにしましょう。視覚情報から生産性が著しく落ちます。パソコンの前には何も置かずに視覚情報を少なくするとよいです。

ポイント2!右にペン左に手帳

必要な物を使いやすいように配置するのが整理整頓でしたよね。作業内容にもよりますが、パソコン作業で必要になる道具をいかに示します。

  • パソコン
  • マウス
  • 手帳
  • ペン(筆箱)

以上4点です。脱マウスの方はマウスも除外してよいですね。以上4つの道具を使いやすいように配置することで、理想的案デスクが完成します。私は、パソコンの右にペンを置いて、左にメモ帳を置いています。文具屋でいろいろな便利道具が販売されていますが、必要な物はペンを使いやすいように収納できる筆箱と、使いやすい手帳です。ほかに必要な物はほとんどありません。便利な文具だからといって安易に手を出すと、デスクの汚れにつながりかねませんので注意しましょう。

ポイント3!肘が置けるスペースを作る

肘を固定できると、タイピングの速度が圧倒的に早くなります。ライティングや文字起こしをする方は、奥行きのあるパソコンデスクで作業することをおすすめします。肩こりも軽減されます。

まとめ!余計なものは買わない置かない

在宅ワークでは必要な物は限られています。Amazonや書店に行って便利グッズを大量に購入しても便利にはなるとは限らないということです。メモ帳とペンが2本程度あれば十分です。5Sを徹底して、シンプルかつコンパクトなスマートな作業デスクを構築できれば、売り上げも上がっていくでしょう。